2024

05/10

Fri

紫外線アレルギーのお客様

☆アレルギー対応レポート☆

昨日はご新規で「ノンジアミンカラー」をご希望のお客様がご来店されました。

15年前にカラーで腫れた経験からその後は

ずっとヘアマニュキアをされていた様ですが

色々と検索🔍されて「ノンジアミン カラー」の存在を最近知り、当店にご縁が出来ました。

有難う御座います。

パッチテストでもジアミンの反応が出たようですからしっかり「ジアミンアレルギー」と。

カラーアレルギーの他にも金属アレルギーや紫外線アレルギーもあるとのことで、ご来店時も登山用のお洋服を着てらして、「アウトドア用品ならUV加工がしっかりしてるから」と…

午後のご来店だったのでしっかりUVカットのクリームをお顔に塗ってこられたご様子。

本当に紫外線アレルギーは大変ですね…泣

ちなみに…紫外線アレルギーとは?

紫外線アレルギー(光線過敏症)とは、紫外線によって皮膚が刺激を受け、かゆみや発疹、水ぶくれなどの症状が現れるアレルギー疾患のことです。 紫外線の強い日差しを浴びることで発症することが多く、春や夏の季節に多く見られます。 また、遺伝的な要因によって発症することもあります

UVカットの商品も一昔前のものより最近の物を選ぶ方が良いですね。紫外線の量が違うので

特に日焼け止めなどのコスメは絶対に最新を。

色々と説明をさせて頂き、「ノンジアミン カラー」を地肌から塗布して30分。刺激もなんとも無く喜んで頂きました。(^^)

また、ご様子を見て下さいねー。

#アレルギー対応レポート

#ノンジアミンカラーvisageloca

#紫外線アレルギー

2024

05/08

Wed

イオンデトックスケアとは?

カラーやパーマやストレートなどの施術で

当店が必ず一緒にさせて頂くメニューがあります。

それはメニュープランの「イオン」と書かれているのですが…

これは正確には「イオンデトックスケア」というメニューをさせて頂いています。

「必ずする」という事はかなり重要なんだと感じでもらえると嬉しいです。

3種類のケア剤を付けながら施術します。

画像にもあるように4つの大切な仕事をしてくれます。

❶ アルカリの除去  

カラーやパーマの中に含まれるアルカリ剤を

しっかり取ります。

❷過酸化水素の除去

カラーのオキシという薬剤の中に含まれる成分を取ります。

❸残臭の除去

パーマなどの匂いを取ります。

❹ジアミンの除去

ノンジアミンカラーの場合には関係ないですが、もし少しでも残っていると大変ですので

必ずこちらを付けてジアミンを取ります。ジアミンを含むカラーをされるお客様も毎回しておくほうが良いです。アレルギーの無い方でもジアミンを取っておくと安心ですからね。

効果としては、

カラーやパーマの「持続性」がアップ

あとはなにより「艶感」がアップします。

仕上がりの違いをまた実感して下さいね。

2024

05/07

Tue

的を絞った雑誌

的を絞った雑誌

当店には「的を絞った雑誌」も取り揃えています。

どちらも書店では購入出来ない雑誌なので

ご興味のある方は是非、お手に取って待ち時間のお供にして下さい。

「ハルメク」

50歳以上の方々へ様々なお悩みにアドバイスをしてくれる雑誌です。

「ヘルシスト」

健康や科学など様々な側面から最新情報をご提供してくれます。

当店が選んだ質の良い情報をご提供いたします。

2024

05/04

Sat

耳のマッサージ

☆耳の👂マッサージ☆

昨日のお客様
「和漢ヒマラヤンスパ」をご希望でした。(^^)

頭→耳→肩のスパです。

👂耳の反射区は上側が「下半身」下が「上半身」

頭痛や肩こりの方は耳たぶをマッサージすると
痛い😓となり、足が冷え性の方は耳上🦻が痛いという傾向があります。

「天気痛」などの時には耳を引っ張りながら後ろに回すと「内耳」に刺激を与えて頭痛が改善される事も。

これから「梅雨☂️」など季節の変わり目を迎えるのでカラダのセルフコントロールをしたいですね。

和漢ヒマラヤンスパ
https://visageloca.com/himalayanoilspa/

2024

05/03

Fri

ジアミンとは何ですか?

☆アレルギー対応レポート☆

Q:カラー剤に入っているジアミンとはどのようなもので、なぜその成分がアレルギーを引き起こすのでしょうか?

A: ジアミンは、一般的に染毛剤や染料に使われる化学物質です。パラフェニレンジアミン(PPD)をはじめとするヘアカラー(白髪染め・ヘアダイ等の酸化染毛剤)に配合されている染料で、ヘアカラーリングを行うことでアレルギーを起こすことがあり、かゆみ、痛み、発疹、腫れなどの皮膚症状を繰り返すことが報告されています。 これらの化合物は皮膚に接触するとアレルギー反応を引き起こす可能性があります。アレルギー反応は、免疫系が異物を攻撃することで起こります。

カラーアレルギー反応は、重度の場合、湿疹や皮膚の脱皮などの症状も現れることがあります。性別や年齢による影響はありますが、一般的に多いのは女性や若年層です。

これは、女性がヘアカラーリング製品をより頻繁に使用する傾向があるためです。また、若年層は皮膚が敏感であるため、アレルギー反応がより頻繁に起こる可能性があります。しかし、最近では、大人のアレルギーも増えているので

白髪染めを長年繰り返して、急に発症する事もあります。また、当店の事例では他店で初めてされた18歳の女性がカラー後2.3日経った朝に目が腫れたという事例もありますから、疑わしい場合には「パッチテスト」をして頂くか、すぐに「皮膚科医」にご相談下さいね。

当店の「ノンジアミンカラー」とはコチラです

2024

05/02

Thu

抗がん剤治療後の矯正

☆エイジングケア対応レポート☆ 

今日はメタバーサルキュアが多い日でした。

そんな中、以前から頑張って伸ばされていた

「抗がん剤治療後」のお客様。

クセがかなり強くどうしてもストレートにしたいとのご要望で「矯正」をしました。

ただ、髪がかなり細いので、矯正は慎重に…

まずは、「髪強度」をアップする為に

メタバーサルキュアを先に施術してから

矯正の弱いお薬で短時間の施術。

最後にまたメタバーサルキュアを!

前後にダブルでしっかり「髪強度」アップの

矯正は綺麗になりました。(^^)

ご本人も喜んで頂き、良かったです♪

2024

05/01

Wed

ピンクリボン🎗️アドバイザー中級合格

☆ピンクリボン🎗️アドバイザー☆

奥様が去年に受験した
「ピンクリボン🎗️中級」に合格💮

医療用wig対応力がよりアップ⤴️いたします。(^^)

2024

04/30

Tue

抗がん剤治療後は特有のクセ毛に

☆アレルギー対応レポート☆ 

医療用wigのお客様がカラーのご相談にご来店されました。今でもwigは使用中ですが、地毛がかなり発毛して来て、白髪がかなり増えたのでカラーをしたいと。 やはり、優しいカラーにしたいので「ノンジアミンカラー」をご希望でした。

抗がん剤治療後の髪質は特有のクセが出ます。

今まで沢山のお客様を診て来ましたが、ほとんど強いクセに。この方も元はストレートな髪質だったようです。

でも、ご安心ください。

肝臓が機能回復していくにつれて、綺麗な髪質に徐々に戻ります。

肝臓と髪の関係性も色々とあるんですね。

ノンジアミンカラーはコチラから

2024

04/27

Sat

女性は「カラダ」に男性は「ココロ」に出る。

☆更年期対応レポート☆ 

栄養学のBPC(ビューティープロカウンセラー)にて今年からメンバーと共に学んでいるテーマ

「男女の更年期」

日本の人口分布も2024年には50歳以上の人口が「5割」になりますね。

最近の研究では、30代から少しずつ「更年期」の症状が始まっているとのことです。

サロンのお客様もそのようなお悩みを抱える年代の方々も増えるのでしっかり「更年期」について学んで対応出来るように準備しています。

実際に、「更年期」の症状は個人差はありますが、主に女性は「カラダへの変化」が大きく男性は「ココロへの変化」が出る傾向がありますね。

参考資料にした数冊の本や、栄養学の先生から学んだ事をまとめてお知らせしています。

実際にBPCのメンバーの一人で理容師をしている方のお客様からのご相談で50代の男性のお客様から数名、「うつ」に対してのご相談があったようです…

みんなが通る道なのでしっかり対応出来る知識を備えていきたいですね。

2024

04/26

Fri

wig卒業準備のカラー

☆wig卒業準備のカラー☆

「医療用wig対応レポート」

医療用wigのサポートをしながら…
治療後に発毛してきた髪は白髪が多くなる傾向があります。

カラーをご希望されるお客様も多いので、
色々と状態を見ながらご相談いたします。

お付き合いは続きます。

医療用wigのご相談はコチラ↓
https://ilovewig.jp/pages/salon-kyoto-visageloca

ノンジアミンカラーのご相談はコチラ↓
https://visageloca.com/nondiaminecolor/